2020-01-10

エクアドルの温泉郷 バーニョス・デ・アグア・サンタ

エクアドルのバーニョス・デ・アグア・サンタ(通称バーニョス)は、
国内ではよく知られた温泉地です。
首都キトからは車で約3時間ほど、
パンアメリカンハイウェイをアンバトまで南下し、
その後にアマゾン方面への国道へ入ります。
車窓にトゥングラワ火山が見えてくると、バーニョスは近いです。

町はパスタサ川に沿ってあり、周りは山に囲まれています。
町を歩くと、公衆浴場から湯気が上がっているのが目に入りました。
その公衆浴場 テルマス・デ・ラ・ビルヘンは町の中心から近く、
夜でも大勢で賑わっています。
お湯は硫黄分を含んだ褐色。
あたりには硫黄のにおいが立ち込め、いかにも温泉らしい雰囲気です。
温泉の横には長い滝があり、入浴しながら眺められます。

null
エル・サラド

日をあらためて、町から車で約10分のところにある浴場、エル・サラドを訪れました。
すぐ横を川が流れ、訪れたのは昼間ですが、
先のテルマス・デ・ラ・ビルヘンよりはこじんまりとしていて、空いていました。

ここは温度が違うプールがいくつかあり、好みに応じて選べます。
一番熱いプールはかなり熱く、時々上がって休憩しないと、
すぐのぼせてしまうほど。
一方、ぬるめのプールは適温で、何時間でも入っていられるくらいです。
もっとぬるいプールもありますが、そちらはちょっと寒いくらい。
ここもお湯は硫黄系の褐色で、効能書きはないので良くわかりませんが、
なんだか体によさそうです。

基本的に露天(オープンエア)ですが、一番熱いプールだけ屋根がついています。
施設は全体的に清潔で、気持ちの良い温泉です。
水着と帽子着用で、男女混浴です。

null

入浴しながら人々を観察して感じたのは、
みんなとても楽しそうに、長時間、入浴するということです。
日本の温泉では、グループなどは別として、
静かにゆっくり入浴する方が多い気がするのですが、
ここエクアドルでは、みんなでわいわいおしゃべりしたり、
楽しいレジャーという感じです。
男女が分かれておらず、家族やカップルが一緒ですから、
みんなでプールに遊びに来ている感覚に近いのかもしれません。

町には公衆浴場以外にもスパがいくつかあり、
スパ付きのホテルや、マッサージ屋さんも多いです。
泊まったホテルにはスチームバスとマッサージもあり、これもまた幸せでした。
旅の疲れを癒せるバーニョス、またいつか帰りたい町です。
categoryGeneral  time07:02  authorbwt00016 

Comments

コメントはまだありません。