« || 1 | 2 | 3 |...| 36 | 37 | 38 || »

2017-09-26

車椅子でマルタに留学

お客様がマルタに留学に行かれました。

null

子供達も手が離れもう一歩先に進みたい方や、定年を迎えて今度は自分を磨きもう一仕事したい方に、留学はもう一人の自分を発見するきっかけづくりになっています。

「留学」というと若者たちに交じって勉強をしたら、自分のペースで過ごせないのではないかと心配してしまいがちです。

そこで、お勧めするのが「シニア留学」です。
同世代の方々がまるでサロンのように集まって、「語学」を肴に自分たちの「青春」を謳歌しています。

null

また、お身体のご不自由な方は二の足を踏んでしまうこともございます。
海外では、ハンディキャッパ―の方に、段差の少ない施設を提供したり、日常生活のフォローをしてくれる学校も増えています。

先日、マルタに短期留学をされたお客様から素敵なメールをもらいました。

マルタ島は、地中海のイタリア、シチリア島の南西にある独立国家です。
公用語はイギリス英語になります。

null

マルタは私の憧れでしたが、身体を壊して車いすの生活を余儀なくされてから、留学はすっかりあきらめていました。

「だめもと」で学校に連絡したところ、快くアレンジしてくれて、スタッフが空港の送迎から学校内の移動まで介助してくれました。

学校内は、一部を除きバリアフリー対応で、学生寮も十分広いユーティリティやベッドルームが備わっていました。

null

一緒に学んだ同世代の50~70代の男女の仲間とは、いつも楽しく市街を散歩したり、ワインを飲み比べたり、ちょっぴり?英語の勉強をしたり、あっという間に時間が流れて行きました。

null

同室だったルームメートのフランスの方とは、毎日のようにLINEでやり取りをして、今度は家族ぐるみでフランスに行く約束をしています。

仲間の中には、リタイアしてからもう一度お店を開きたいと望まれている方や、ガイドボランティアをしたいために英語をブラッシュアップしたい方がおられて、そんなみんなに囲まれて、自分ももう一度ステップアップできる気になった1週間でした。

null

「留学は人を変える。」というのが私の師匠の口癖でしたが、この留学がきっかけに世界に羽ばたかれるようになったら素敵ですね。
ウェブトラベルは、そんな皆様を応援していきます。

お気軽にご相談ください。

170926
« || 1 | 2 | 3 |...| 36 | 37 | 38 || »