2015-07-22

ルツェルンピアノフェスティバルとスイスのクリスマス市

ルツェルン音楽祭といえば
やはり夏の音楽祭が一番有名になりますが、
春の復活祭の時期に開催される
イースターフェスティバルとともに
秋にはピアノフェスティバルがあります。

2015年のピアノフェスティバルの日程は
11月21日から29日。
世界的なピアニストの演奏を
毎晩お楽しみいただくことができます。

11月下旬からは
ヨーロッパの各都市でクリスマス市も始まります。

スイス国内でも各都市でクリスマス市が開催されます。

主な都市の2015年のクリスマス市の日程は
ルツェルン:11月20日~12月23日
モントルー:11月20日~12月24日
チューリヒ(中央駅):11月19日~12月24日
チューリヒ(旧市街):11月27日~12月24日
ベルン:11月28日~12月24日
バーゼル:11月26日~12月23日

バーゼルはルツェルンから移動も容易、
フランスとの国境にあり
ストラスブール、コルマールなど
アルザスの街にも日帰りが可能、
アルザスのクリスマス市もお楽しみいただけます。


2015-07-14

シベリウスの自邸アイノラ



今年はシベリウスの生誕150周年。

彼の誕生日は12月ですが、
彼が30代後半からこの世を去るまで
家族と過ごした邸宅アイノラは
5月から9月までしか内部を
見学することができません。

広大な敷地内には
彼と彼の妻が眠るお墓もあり
邸宅の中には彼が使用したピアノや
インテリアなどが当時の面影を
残したままご覧いただくことができます。

ヘルシンキからは
バス等の公共交通機関を使って
容易にアクセスすることもできますが
できれば日本語ガイドと一緒に、
解説を聞きながら、
シベリウスの世界を堪能していただけると
感慨もひとしおかと思います。

2015-07-02

エジンバラ音楽祭2015

今年のエジンバラ音楽祭ですが
8月7日から31日まで開催されます。

オーケストラコンサートでは
オープニングコンサートとして
8月8日 BBCスコットランド交響楽団
ブラームス:運命の女神の歌/ 愛の歌~ワルツ集~/ 運命の歌
リヒャルト・シュトラウス:英雄の生涯

オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
8月15日
グリーグ:ペールギュント組曲第1番、第2番
ラフマニノフ:交響曲第2番
8月16日
グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス:交響曲第1番 他

8月19日フィルハーモニア管弦楽団
バルトーク:ピアノ協奏曲第2番
ストラヴィンスキー:ペトルシュカ
チャイコフスキー:プランチェスカ・ダ・リミニ

サンフランシスコ交響楽団
8月27日
シェーンベルク:主題と変奏/アダムス:Absolute Jest
マーラー:交響曲第1番
8月28日
アイヴス:交響曲「ニューイングランドの祝日」から戦没将兵追悼記念日
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
チャイコフスキー:交響曲第5番

また、合唱曲では
8月18日 ブダペスト祝祭管弦楽団
モーツァルト:レクイエム
8月22日 フィルハーモニア管弦楽団
ベルリオーズ:レクイエム
8月29日 スコットランド室内管弦楽団
ベートーヴェン:ミサ・ソレニムス

オペラでは
フィガロの結婚 8月13日、15日、16日
魔笛 8月27日、28日、29日、30日 など

リサイタルや室内楽で目についたのが
ベートーベンのピアノソナタシリーズ
ルドルフ・ブッフビンダーが下記の日程で
ベートーベンのピアノソナタを演奏します。
8月8日、9日、10日、12日、13日、17日、18日、25日、26日

また内田光子さんのリサイタルも8月24日にあります

2015-07-02

BBCプロムス2015

今年のBBCプロムスは
7月17日に開幕、ロイヤル・アルバートホールを中心に
今年も多彩なプログラムが繰り広げられます。

今年はフィンランドを代表する作曲家シベリウスの
生誕150周年なのですが、
プロムスでも彼の交響曲を扱った
「オール・シベリウスプログラム」が組まれています。

8月15日
交響曲第1番、交響曲第2番、交響詩「フィンランディア」

8月16日
交響曲第3番、交響曲第4番、ヴァイオリン協奏曲

8月17日
交響曲第5番、交響曲第6番、交響曲第7番

また9月4日には
内田光子さんがロンドンフィルと共演
この日のプログラムが
ベートーヴェン:フィデリオ序曲
シェーンベルク:ピアノ協奏曲
ショスターコーヴィッチ:交響曲第8番
です。