« || 1 | 2 | 3 || »

2017-10-31

世界遺産・ペナン島の寺院巡り

ペナン島のジョージタウンは2008年に「マラッカ海峡の歴史的都市群」としてマラッカとともに世界遺産に登録されました。
12世紀から500年間に渡って対岸のクダ王国が支配していたペナン島は、イギリス東インド会社の総督フランシス・ライトが注目し、クダ王国との交渉の末、イギリスが1786年に植民地として領有を宣言しました。

null

この島は東西貿易の十字路であるマラッカ海峡に位置し、その地の利を活かした貿易中継地であり、ライトによる関税撤廃の効果で、中国人、インド人、アラブ人、ペルシャ人などがペナンにやってくることになりました。

null

このようにイギリスの影響を受けながらも、現在ペナン島には、マレー系住民だけでなく、ペナン島で最大の人口を誇る華人や、インド系の住民が住んでいます。そのため、中国、イスラム、ヒンドゥー、西洋の文化が共存し、仏教、道教、イスラム教、ヒンドゥー教、シーク教、カトリック、英国国教会など、きわめて多様な宗教施設が集中しています。クルーズ船が発着するクルーズターミナルから徒歩またはトライショーでジョージタウンの見どころを巡ることができます。

null


【セントジョージ教会】
1818年に建てられた東南アジア最古の英国国教会です。芝生と白い教会の対比がとても優雅です。

【観音寺】
広東省や福建省から入植した中国人によって1800年代に建立されました。線香の香りで満ちており、参拝に訪れる華人が絶えません。

【カピタン・クリン・モスク】
1801年にインド系イスラム教徒によって建てられたモスクです。ドームについている美しいミナレット(光塔)が特徴です。
authorbwt10367  linkLink  comment0 
categoryマレーシア  time22:05

« || 1 | 2 | 3 || »