« || 1 | 2 | 3 || »

2018-01-06

ディープな上海街歩きのすゝめ

アジア随一の巨大都市「上海」は、日々進化を遂げていますが、増える高層ビル群の中に、時間が止まった一角があります。
その街の名は「老西門」。賑やかな豫園地区からも徒歩圏内で、地下鉄駅もあるこの地名は、もともと明代に築かれた上海城壁「儀鳳門」の通称名。実際の門は、城壁とともに取り壊されましたが、その名は付近一帯の通称として残りました。
一歩路地を入ると、そこはオールド上海にタイムスリップしたような世界が広がります。
タラの干物を売るお店、朝食に食堂に立ち寄る男性、窓から伸びた竿に干された洗濯物、軒先につるされた中国風ソーセージ



以前はあちこちで見られた風景ですが、高層マンションや便利なスーパー、そしてファーストフード店が立ち並ぶ現在の上海の中では貴重な風景となりつつあります。
是非、皆さんも上海ご滞在中に、この老西門にお立ち寄りください♪
authorbwt10848  linkLink  comment0 
category上海  time22:27

« || 1 | 2 | 3 || »