« || 1 | 2 | 3 | 4 || »

2017-02-16

魅惑のパワースポットで若返り?!子宝祈願!?


マレーシアのパワースポットと言えば、ヒンドゥー教の聖地であるバトゥ洞窟が有名ですが、他にも、世界最大規模の洞窟群がある「グヌン・ムル国立公園」や、井戸の水で顔を洗うと若返ると言われている 『マスリの井戸』、子宝に恵まれると言われている 『コーンウォリス砦の大砲』 や 『ダヤン・ブンティン湖』等、まだまだたくさんありますので、ぜひ足を運んでエナジーチャージをしてみてください!

【バトゥ洞窟】
クアラルンプールしの北部にあるヒンデゥー教の聖地で、石灰石の巨大な洞窟の中にカラフルな色彩の寺院が置かれてます。黄金の神像が立つ境内の入り口から洞窟までは272段の階段を登って行きます。頭上からは天然の窓から陽の光が降り注ぎ、大気と光のパワーを感じます。多くのヒンドゥー教徒が聖地と崇め、毎年タイプーサムという大祭がここで行われています。
Batu Caves

【グヌン・ムル国立公園】
サラワク州の標高2375mのムル山を中心に広がる面積529平方kmの広大な自然公園で、ユネスコ世界自然遺産に登録されています。公園内の洞窟は、地球上に存在する洞窟群の中でも世界最大規模を誇る洞窟群の1つで、公園内には太古の熱帯雨林がそのまま残されています。手つかずの自然からは大地のパワーが溢れ、大気もとても澄んでいます。更に洞窟群の1つであるクリアウォーターケイブの中に流れる水には秘めた力があり、初めてここを訪れた人がこの水で顔を洗うと願いが叶うと言われています。またこの水には若さを取り戻す力があるとも言われています。

【マスリの井戸】
ランカウイ島のクアタウンから車で15分ほどに、伝説とともに眠るマスリの墓。夫の不在時に不貞をはたらいたと疑われ、自らの潔白を白い血を流して証明した美しい女性のマスリ。息を引き取る際に残した「その後7代までこの島には災害が起こる」と呪い、事実その後7代は貧しい漁村でしかなかったランカウイ島。そのマスリが眠る墓の横には、井戸が残されており、その水で顔を洗うと10年若返ると言われています。

【コーンウォリス砦の大砲】
ペナン島北東端の海岸部にある英国統治時代の要塞。1786年、英国東インド会社のフランシス・ライト提督が初上陸された際に建てられています。マレーシアで最大の砦であり、煉瓦造りの壁に囲まれ、海に向かって設置された大砲が要塞を守っています。要塞内には、オランダ製の真鍮で出来た大砲”スリ・ランバイ”があり、この大砲に触れながら祈ると子宝に恵まれると信じられており、マレー女性の新興を集めているます。

【ダヤン・ブンティン湖】
ランカウイ島に南に浮かぶ、大理石でできたダヤン・ブンティン島には、伝説の湖があります。ダヤン・ブンティン」はマレー語で「妊婦」の意味です。昔、王子と恋に落ちた美しい娘がダヤン・ブンティン湖の水を飲んで子供を宿したが引き裂かれてしまい、赤子は湖の白いワニに、母親はそれを見守る岩に変わったと言い伝えがあります。既婚女性が湖で水浴びをすると子宝に恵まれると言い伝えられています。
Pulau Dayang
authorbwt10750  linkLink  comment0 
category観光地  time20:03

« || 1 | 2 | 3 | 4 || »