« || 1 | 2 | 3 |...| 27 | 28 | 29 | 30 || »

2008-09-07

アッヘンゼー鉄道

8月26日午前。

この日はインスブルックから郊外に出ました。

インスブルック中央駅から
まず最初に向かったのはイェンバッハ駅。

ここから
アッヘンゼー鉄道に乗りました。
この鉄道はアッヘンゼー湖畔のSeespitzまで、
走っているSLの鉄道です。

切符を買って、列車に乗って出発。
しばらくすると車掌さんが窓の外から

「コンニチハ。」と

日本語で挨拶をして検察をしてくれました。

勾配がきつく、SLで走ってることもあるので、
スピードはスゴくゆっくりです。
だからこそできる離れ業かもしれないけれど、
牧歌的で微笑ましくていいです。

終点のSeespitzにつくと
目の前にエメラルドグリーンの美しい湖が
広がりました。
駅の前には船着き場があって、
ここから蒸気船が走っています。

早速、蒸気船に乗って、
Pertisauという村まで湖上遊覧を楽しみました。

Pertisauで船を下りると、
目の前にはチロル風のホテルやガストホフ、
民家などが目の前に飛び込んできました。
その建物のテラスにも美しい花が飾られていました。

周囲の家を見て回りながら、街を散策、
色とりどりの花で飾られたテラスのある家並みは
気持も和んで落ち着きます。

散策した後は、
湖畔のカフェでちょっと一服。
湖を眺めながらボーッとしました。

名残惜しかったけれど、船の時間が近づき
他にも行ってみたところがあったので
蒸気船に乗って、Seespitz駅で、
そこからアッヘンゼー鉄道に乗って
イェンバッハ駅に戻りました。

この後はアルプバッハに向かいましたが、
この続きは次回で









« || 1 | 2 | 3 |...| 27 | 28 | 29 | 30 || »