« || 1 | 2 | 3 |...| 78 | 79 | 80 || »

2005-05-05

いままでの自分を振りかえって

あー、忙しかった!!の一言です。一時も息をつく暇がなかった気がします。
次から次へと流されて、おばさんでも、女の子でもない、年頃になりました。
ちまたでは、”おにばば”とか”負け犬”とか言われちゃう世代です。
小学生の頃は、習い事の毎日、中学から高校は受験、大学に入ったら、アルバイ
ト。
社会人になったら、深夜までの残業に、資格取得の勉強。
もう一度、あー、忙しかった!!!!
でも、そんな毎日に慣らされ、自分のスケジュールは常に分刻みでなければ、不
安な人になってしまいました。
先の予定のない時は、つい、予定を作ってしまうのです。

あー、疲れた、ただボーっと海を眺めていたい、、、、。
そんな希望を神様が叶えてくれたのか!?スローライフの上級者あんちゃん(ア
ンドリュー)に出会ってしまったのです。
彼の住んでいるところは、ロンドンからバスで3時間半のエクセターから、さら
に車で1時間移動する
海辺の町シートンです。そして、このたび婚約して、彼とシートンに暮らすこと
になりました。

シートンはのどかです。用事のない人がうようよしています。主な人口は、老人
と、ホリデーメーカー。
毎日焦って暮らしていた私が、一変して、シートンの用事のない人に仲間入りし
ます。
いったいどうなってしまうのでしょうか?ちゃんと仲間にしてもらえるかし
ら!?
きっと浮いてしまうわ、、、、。と妙な不安でいっぱいです。
一足先に、のんびり町シートンの住民になった私の婚約者あんちゃんは、りっぱ
に住民に溶け込んでいます。
さすが上級者の威厳ともいいましょうか、サラリーマンオーラを完全に排除して
います。

ま、急にスローライフ上級者あんちゃんのように、シートン住民に溶け込むのは
無理というものでしょう!
とりあえず、ずっと夢だった海をボーと眺めることから始めます。
これから、ブログに、私がシートンで、スローライフを習得する過程をつづって
いきます。
どうぞよろしく
« || 1 | 2 | 3 |...| 78 | 79 | 80 || »