2016-03-21

ルツェルン音楽祭 3大オーケストラの競演

ルツェルン音楽祭では
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、
ロイヤルコンセルヘボウアムステルダム管弦楽団の
いわゆる3大オーケストラの公演もあります。

各オーケストラの日程は下記の通りです。

ロイヤル・コンセルヘボウアムステルダム管弦楽団
ダニエル・ガッティ指揮
8月28日
ドビュッシー:舞踊詩「遊劇」
デュティユー:メタボール
サン・サーンス:チェロ協奏曲イ短調
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(1947年版)

8月29日
ウェーバー:オペラ「オベロン」序曲
シューマン:チェロ協奏曲イ短調
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

両日ともチェロは新進気鋭の若手、ソル・ガベッタが演奏します。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サイモン・ラトル指揮
8月30日
ブーレーズ:エクラ
マーラー:交響曲第7番ホ短調

8月31日
アンダーソン:新曲
ドヴォルザーク:スラブ舞曲
ブラームス:交響曲第2番ニ長調

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
9月8日
エマニュエル・ハイム指揮
ヘンデル:コンチェルト・グロッソト長調
ヘンデル:「水上の音楽」から第1組曲へ長調、第3組曲ト長調

9月9日
トゥガン・ソヒエフ指揮
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調
曲目未定

2016年の夏の音楽祭は女性ソリストに焦点が充てられています。
ウィーン・フィルを指揮するエマニュエル・ハイム、
ロイヤル・コンセルヘボウ・アムステルダム管弦楽団で
チェロの独奏をするアルゼンチン出身の若手チェリスト、
ソル・ガベッタが注目かと思います。


categoryヨーロッパ音楽祭情報  time14:49  authorbwt10254 

Comments

コメントはまだありません。