2011-08-25

ナポリを見て死ね

ナポリ観光は、ポンペイ遺跡ツアーの“ついで”に、車窓観光で終わってしまいがちですが、見どころの多いナポリを下車観光しないのはもったいない!というわけで、ナポリへ行ってきました。

「ナポリを見て死ね」と言われる、ヴェスーヴィオ火山を背景にしたナポリ湾の風光明媚な景色、世界三大美港のひとつである港町で、新鮮でおいしいシーフードや本場のピッツァが味わえるのも、ナポリの魅力のひとつです。(イタリアで定番のピッツァ「マルゲリータ」は、ナポリが発祥の地と言われています。)

ポンペイ遺跡ツアーやカプリ島ツアーの集合場所になっているベヴェレッロ埠頭付近には、4つ星以上の高級ホテルが建ち並び、海沿いのプロムナードもあり、かつてのナポリ王国を彷彿とさせる高級感漂う地区。世界遺産のナポリ歴史地区にある主要観光名所の多くは、この地区にあります。

私が行った当時、ナポリのゴミ放置問題が話題となっていて、イタリアのみならず日本でもテレビで報道されたようでしたが、実際行ってみたところ、このベヴェレッロ埠頭付近の観光地区に限っては、高級ホテルの建ち並ぶ地区だけあって非常に清潔でした。

テレビで放映されていたゴミであふれた道端は、住宅街地区なのかもしれません。1つ星から5つ星まで様々なレベルのホテルが混在する、私の住む町フィレンツェの観光地区の方が、ゴミ、犬の糞、落書きなど、カオスって感じでは?と思いました。

この地区の主な見どころを挙げます。

プレビシート広場 Piazza del Plebiscito


かつて式典や祭りなどのイベントに使われていた、ナポリで一番大きい広場。広場にあるサン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂 Basilica di S. F. Di Paolaは、ローマのパンテオンに似ています。

王宮 Palazzo Reale


サン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂の向かい側にあります。外観は写真で見るより更に寂れた感じですが、内部は王宮歴史的住居博物館になっていて、18世紀当時の大変豪華な室内装飾を見ることができます。






サンタ・ルチア通り

プレビシート広場脇の坂道を下った、海岸沿いのプロムナード。5つ星のデラックス・ホテルが建ち並ぶ散歩道となっています。

ヌォーヴォ城(アンジュー家の城)Castel Nuovo (Maschio Angioino)


1284年に、当時ナポリを支配していたアンジュー家の新しい城として建てられたもの。内部には、市立美術館があります。

ウンベルト1世のガッレリア Galleria Umberto I


ミラノのガッレリアを模して造られたそうです。観光客向け料金で高めですが、観光に疲れたらガッレリア内のカフェでお茶もいいかもしれませんね。ガッレリアから出ているトレド通りVia Toledoには、様々なショップや飲食店が並び、観光客は地元民でにぎやかな通りです。

卵城 Castel dell’Ovo


12世紀にノルマン王によって建てられた城。四角い形なのに、なぜか「卵城」という呼び名。城の基礎部分に埋め込まれた卵が割れると、町も城も滅びるという伝説に由来するそうです。

他にも写真はないですが(館内は写真撮影禁止なので)、大理石彫刻やポンペイやエルコラーノ遺跡の発掘品のオリジナルが収蔵されている、国立考古学博物館(最寄りの地下鉄駅はムゼオMuseo)、ナポリ湾と旧市街の素晴らしい景色が眺められる、ヴォメロの丘にあるサンテルモ城もお勧めです。

ポンペイやエルコラーノ遺跡にある彫刻などはレプリカで、オリジナルは風雨による遜色を避けるため、この博物館に収められています。

サンテルモ城へは、上記の国立考古学博物館のある地下鉄駅ムゼオMuseoから、地下鉄1号線に乗りヴァンヴィテッリ広場Piazza Vanvitelli駅で下車、駅から坂を行った途中にあるエスカレーターを利用すると楽です。

ナポリの下町「スパッカ・ナポリ」も、観光名所となっています。以前はこの地区はかっぱらいなどが多発する危険な地区と言われていましたが、ナポリの歴史地区が世界遺産に指定されてからは観光客があふれる観光地区となり、警察官が常に巡回するようになりました。

ナポリと言えば、ピッツァを忘れてはいけません。トマトの赤、モッツァレッラチーズの白、バジリコの緑でイタリア国旗をイメージした「ピッツァ・マルゲリータ」は、イタリア全国、どこのピッツェリアでも絶対ある定番中の定番。

このピッツァ・マルゲリータ発祥のピッツェリア、ピッツェリア・ブランディPizzeria Brandiが、プレビシート広場Piazza del Plebiscito近くにあります。創業1780年の老舗、クリントン元大統領や、俳優の石田純一も訪れたことがあるとか。

他にも、揚げピッツァで有名なディ・マッテオDi Matteoなど、ナポリには町のいたるところにピッツェリアがあります。ナポリの食事は、新鮮なシーフードと本場のピッツァで決まり!ですね。

ナポリは、イタリア版新幹線と言われる「アルタ・ヴェロチタAlta Velocita’」で、ローマから約片道1時間なので、ローマから日帰りもできます。

ナポリの治安が心配という人もいるかと思いますが、私が散策したベヴェレッロ埠頭付近、ガッレリア近くの賑やかなトレド通り、国立考古学博物館付近は、特に危険な雰囲気は感じませんでした。(とはいえ、高価な時計やアクセサリーを身につけない、リュックは背中に持たない、バッグは斜め掛け、多額の現金を持ち歩かないという、最低限の注意は必要です。ナポリに限りませんが。)

但し、スパッカ・ナポリ同様、ナポリの下町として知られているトレド通りの西側にあるスペイン地区は、治安があまり良くありません。この地区には入らないで、トレド通りから眺めるだけにとどめた方がいいと思います。下町散策を楽しむなら、スパッカ・ナポリで十分です。また、ナポリに限りませんが、早朝、深夜など、人通りの少ない時間帯は、外出しない方が無難です。

ナポリは「観光バスから車窓観光」ではなく、是非、実際に歩いて、観て、食べてみて下さい。日本語ガイド付のツアーもありますよ。
categoryイタリア旅行お役立ち情報  time00:30  authoryamagishi 

Comments

コメントはまだありません。