2019-10-17

世界最大の魚類ジンベイザメと一緒に泳ぐ

皆さんは「成長すると体長10m以上にもなる世界最大の魚・ジンベイザメ(ホエールシャーク)」をご存じでしょうか?大型路線バスの全長が10~12mくらいと言えば、どれほど大きいかが想像つくでしょう。

中には「ジンベイザメなら水族館で見たことがあるよ」という方もいらっしゃるかも知れませんが、水中で出会う事は希少で、世界の海を潜っているダイバーでも滅多に見る事は出来ず、ダイバーなら一生に一度はあってみたいという憧れの魚です。

実は、このジンベイザメと、ほぼ100%の確率で一緒に泳ぐことが出来るところがあります。
(悪天候でボートが出せない時以外)

場所は日本人にも人気のリゾート地・セブ島の南端にあるオスロブという漁村です。
このオスロブで、数年前に世界で初めて野生のジンベイザメの餌付けに成功しました。

世界中を探しても、野生のジンベイザメとスノーケリングやダイビングができるスポットはほとんどありませんので、とても貴重な体験をする事が出来るでしょう。

サメと言っても、普段はオキアミやプランクトンを主食としている温厚な魚ですので、泳げないお子様でも5歳以上でしたらご参加が可能です。スマホの防水ケースを持って行けば、ジンベイザメとの写真を撮る事も出来ますよ。

null

私が行ったと時にも、小ぶりの2~3mのものから5m以上の比較的大きなものまで大小何匹ものジンベイザメが、スノーケリングても手が届くくらいの近さで見る事ができ、本当に大迫力の体験でした。

セブ島へは、成田・大阪・名古屋・福岡の各都市からの直行便もあるため、3泊4日の短期日程からでも気軽に行ける海外リゾートですが、ここオスロブへはセブ市内から車で約3時間、日帰りでも行くことが出来ますので
是非一度、世界的にも貴重な体験をしてみてください。
categoryダイビング&スノーケリング  time08:21  authorbwt10810 

Comments

コメントはまだありません。